私の実験室
ちょっとしたアイデアでラジオやアンプ製作を楽しくしませんか
皆様の投稿をお待ちします
宛先 info@radioboy.org  又はお手紙やFAXでどうぞ


NO.1  ヒーターの電圧を自由に変える回路    投稿者  札幌市 原恒夫 Email  ja8atg@jarl.com

 ヒター電圧が6.3Vや12V以外の真空管は使いづらいですね。簡単な回路で条件はあるのですが、かなり自由に電圧を変えることが出来ました。
 条件 
 1 真空管のヒーター電圧が直列(1本でも可)つなぎにして合計50V以上あること。
 2 個々の真空管はヒ-ター電流が同じこと(例300mAシリーズ)

 使用法

 実験では、19M-R10を4本で4球ラジオ作りました。19V管ですので、直列につなぐと19V×4=76Vが必要です
さすがに100Vをそのまま入れると高すぎますので、ダイオードを直列に入れてみます。すると交流の+側だけでヒーターをあたためることになります。真空管1本にかかる電圧は多少のバラツキがありますが11V程度になりました。19V管に11V程度では低すぎます。
ダイオードで交流の下半分が削られてしまったので大幅に電圧が下がってしまったようです。

 では、交流の下半分をコンデンサーで補ってやろうと33μFを回路に並列にいれてみました。するとなんと1本あたり27Vも電圧がかかったではありませんか。慌ててスイッチを切りました。

 今度は、並列に10μFを入れて見ました。すると1本あたり19V~20Vになってくれました。つまり回路に並列に入れるコンデンサーの容量により電圧を自由に変えることが出来るようです。

 直列に入れるダイオードは当初1000V1Aを入れていましたが、電源を入れた瞬間にヒーターに大きなサージ電流が流れ壊れてしまうことがありました。3Aのダイオードでは特に保護抵抗入れなくとも壊れていません。

 電流が同じ真空管ならダイオード1本、コンデンサー1本でヒーター電圧を変えて使えそうです。これでTV球も有効利用出来そうです。


 
 回路は簡単


 
19M-R10 これで1本に19V~20Vがかります 


 不思議! 手持ちの30A5を4本直列につないでみます。ヒーターの合計電圧は30V×4本=120Vが必要です。
 この回路に100Vを入れると1本に11V~12Vの電圧がかかりました。

 回路に並列に47μF入れるとなんと全体の電圧が113Vまでアップしました。
 これで、30A5の1本のヒーターに28V~30Vがかかるようになりました。
 
 つまり電源の100Vを超えて直列つなぎにしたヒーターにも適切な電圧を与えることが出来るのです。 
 ヒーターの合計電圧が100Vを超え最高何ボルトまでのヒーター回路に適切な電圧を与えることが出来るのでしょうか?

 
30A5 これで1本に28V~30Vかかります 



NO.2 平滑コンデンサーの放電抵抗のすすめ  投稿者 那覇市 城間良彦様
 
 アンプ等を調整中に一度電源を切った後に高圧回路にさわるとコンデンサーに残っていた電気で感電することがあります。
稀には翌日までコンデンサーに電気が残っていることもあります。
 そこで、高圧回路に放電用の抵抗を入れておくとすみやかに電源回路に残っている電気を放電させることが出来、感電を防止することが出来ます。
 整流管に直熱タイプのものやダイオード整流の場合は、真空管のヒーターが暖まり高圧電流が流れる前に無負荷状態になり異常な高圧電圧が電解コンデンサーにかかるのを防止するブリーダー回路にもなります。


NO.3 手元電源スイッチ 投稿者 那覇市 城間良彦様

 試作機の調整等の際に手元に電源スイッチがあると便利です。手元スイッチは100円ショップにあります。

 

 


NO.4  テスト電源ケーブル  那覇市 城間良彦様

 
廃棄する家電品などから切り取った電源コードに、ヒューズとワニ口クリップを取り付け、テストケーブルを作ります。使用法は自己責任です。主に電源トランスのテストに役立ております。