真空管ラジオキット


真空管ラジオ製作参考図書

 
「真空管ラジオ製作ガイド」 誠文堂新光社

筆者 
岩上篤行氏、片岡基氏、菊地博和氏、近藤康夫氏、原 恒夫

 本会代表 原が、1R−STD、2R−STD、3R−STD、4S−
STD
他の記事を執筆しています。これらの実体配線図、カラー
写真、詳しい製作記事を掲載しております。
 上記キットをお求めの方はもちろんラジオ製作を楽しまれてい
る方にお勧めいたします。

 価格 2,376円(税込)
 

電池管式ラジオキット

 2球真空管ラジオキット 2DC-STD
 
 型番2DC-STD頒布価格 3,000円(税込)

サブミニチュア管5678を2本使ったストレートラジオキットです。付属の蛇の目基板に自由に組み立て下さい。あるいは、貴方のアイデアで超小型ラジオに仕上げて下さい。
B電池は、9V電池を2〜3本直列接続でお使い下さい。製作記は、こちらです。


 2球再生式ラジオキット 2R-DC
 
 型番 2R−DC 2球再生式ラジオキット(1T4,1U4使用)です。完全手配線です。全部品、真空管付きです。プラスチックケースは、未加工です。電池9V電池2〜4本と1.5V電池(単二、1本)が必要です。
頒布価格 4,400円(税込) 製作記事は、こちらです


 4球スーパーラジオキット 4S-DC  
   
 4球電池管ラジオキット
製品番号4S−DC価格 9,500円(税込
電池管4本を使ったスーパーラジオキットです
トランジスターラジオ用IFTを使って価格を抑えました。
1R5,1S5,1T4、3S4使用完全手配線です。B電池は、006Pを7個〜8個使用、A電池は単一1本使用(電池は付属していません。)
真空管4本は付属しています。
付属のプラスチックケースは、未加工です。 


 4球スーパーラジオキット 4S-DC-DX
 
 4球電池管ラジオキット 型番 4S-DC-DX (未加工のプラスチックケース付き)
頒布価格 球なしキット         10,600円(税込)

アメリカ球(1T4のみ東芝) 一式     3,000円(税込)
中国球 一式                2,100円(税込)


 好評を得ている4S-DCに真空管用IFTを使用しました。
 製作記は、こちらです。


 電池管ラジオ用AC電源キッ  
   
 電池管ラジオ用AC電源キット
頒布価格 2,400円(税込)
AC100VからDC1.4V 300mA、DC65V〜75V15mAを取り出せます。4S−DCや4S-DC-DX用AC電源キットです。
製作例です


 

交流式真空管ラジオキット

 1球再生式ラジオキット 1R-STD
 
 製品番号 1R−STD 1球再生式ラジオキット 開発品 価格6,000円(税込)初めて真空管ラジオを作られる方におすすめします。 6BA6(5749)使用。クリスタルイヤホン
で聞きます。 


 1球再生式ラジオキット 1RW-DX
 
単球再生式ラジオキット 型番 1RW−DX   頒布価格 7,150円(税込)
3極、5極複合管の6AB8を使った単球再生式ラジオキットです。高周波チョーク、100Hの低周波チョークを使った小型ラジオキットの製作をお楽しみ下さい。
(シャーシーのサイズ 15cm×10cm) 製作記事は、こちらです


2球再生式ラジオキット 2R-STD
 
 製品番号 2R−STD 2球再生式真空管ラジオキット 開発品 価格9,000円(税込)  入門用真空管ラジオの定番です。検波管の負荷としてチョークを使用しています。6BA6/5749、6AK6使用  製作例は、こちらです。


 3球再生式ラジオキット 3R-STD
 
 3球再生式真空管ラジオキット 製品番号 3R−STD   価格12,700円(税込)
低周波2段ですので大きな低周波出力が期待出来ます。200Hチョーク、3分割RFCの採用など基本を大事にした設計です。 6BA6(5749)、6AV6、6AK6を使用
  製作例は、こちらです。


 3球ラジオキット 3DC-STD
 
3球ラジオキット 製品番号 3DC−STD 開発品 価格10,500円(税込)
高周波1段増幅、ゲルマ検波、低周波増幅2段の3球真空管ラジオです。再生検波方式に比べ、良い音が期待出来ます。 6BA6/5749、6AV6、6AK6を使用。
製作例は、こちらです。


 3球スーパーラジオキット 3S-STD
 
 3球スーパーラジオキット 型番3S−STD 頒布価格 13,000円(税込)3球ですが、低周波増幅・出力に複合管6AB8を使い5球スーパー並の高感度を実現しました。また、中間周波トランス(IFT)を1個のみ使用し低価格を実現しました。スーパーヘテロダイン方式の教材として最適。6BE6、6BA6/5749、6AB8を使用しています。製作記事はこちら 


4球スパーラジオキット  4S-STD 
 
4球スパーラジオキット 型番 4S−STD  価格20,000円(税込)
標準構成の真空管4球(5球相当)のスーパーラジオキットです。 整流回路にダイオードを使っています。6BE6(5750)、6BA6(5749)、6AV6、6AK6使用
製作記は、こちらです。


 5球スーパーラジオキット 5S−STD
 
5球スーパーラジオキット 型番 5S−STD 価格 25,000円 (税込)
整流管に6X4を使用し、6BE6(5750),6BA6(5749),6AV6,6AQ5(6005),6X4のスタンダードな構成の本格的5球スーパーラジオキットです。高感度なバーアンテナを使用していますが、オプションでソレノイドコイル(S−300 別売850円)にも取り替えられます。


 4球スーパーラジオ 4S-12V  
   
12V管使用 4球スーパーラジオキット 
型番4S−12V
頒布価格 9,700円 (税込)
ヒーターも12V、プレート電圧も12Vで動作する12V管を使っています。
IFTは、かかる電圧が12Vなので、トランジスター用IFTを使用しています。もちろん真空管用IFT(RB−2)も使用できます
感電の心配なしで真空管ラジオが製作できます。
直流12V1A〜1.2Aの電源が必要です。 
製作記は、こちらです
電源は、お手持ちの12V1A以上のACアダプタをお使い下さい。
( ACアダプターは付属しません)
ACアダプターは、必ずトランス内蔵タイプを使用下さい。
スイッチング方式電源アダプターは、は受信周波数にノイズが入り使えません

使用真空管は、12AD6、12AF6、12AE6、12K5 です。

 12V 1A AC−DCアダプター 
     トランス式  800円(税込)
 


 4球高一ラジオキット 4RF−STD
 

4球高一ラジオキット 4RF−STD 価格17,600円(税込)使用真空管 SG7×2本 6P6/6V6 5Z2P/5Y3グリッド再生検波方式採用、段間コイルはハニカム巻きを採用。
 製作記事は、こちらです。